スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

長男のこと

今日、長男の年2回ある定期健診のため、学校を休んで遠くの病院へ行きました。

長男は『心室中隔欠損症』という心臓の右心室と左心室の壁に穴があいている病気で、年中さんの1月に手術をして穴を塞ぎました。
この病気は治ったのですが、カテーテル検査で詳しく調べてみると、大動脈弁の一部が未成長部分があり、それは病気ではなく奇形であることがわかりました。
これは治るものではなく、弁の一部が小さい為、血液が逆流してしまうのです。もうこれ以上大きくなることはないようです。
成長が止まり、もし弁の動きが悪くなると「人口弁」に付け替える手術をしなくてはいけなくなるかも?しれません。
でも、歳をとって寿命がくるまで手術はしないですむ可能性もあります。
こればかりはわからないそうです。
いくら健康な生活をしていても心臓はいつ悪くなるかわからないそうです。
健康で病気1つしない人でも、いつ何時心臓が停止したり心臓病になったりするかもしれないということです。
だから、長男もこの先どうなるかわかりません。
今は元気いっぱいで薬も飲んでませんし、運動も食べるものも制限されてなくて普通のお子さん達と同じ生活をしています。
最初、このことを知ったときは涙しました。大泣きして自分でどうしてこんな可哀想な体に産んでしまったのかと悔やみました。でも、運命というものです。
QUUがしっかりしていないといけないと思い頑張って育ててきました。
長男はまだ小さいので、自分の体のことはわかっていません。
手術したとき、とっても痛々しくて辛い思いをしました。
可哀想でしたが、必死に看病しました。長男頑張ってくれましたよ。大人でも心臓の手術の痛み耐えられないでしょう。すっごく小さいのに頑張ってくれました。
何本もの点滴や管が体にささり、2,3日食事も喉を通らず、ずっとベットに寝たっきり。動けるようになってもベットから降りることができず、病室から出ることはできなかったです。(手術して抵抗力が落ちてるため)
3週間くらい退院することができるくらい回復力はすごかったです。
入院中、次男は実家に預けたままで寂しい思いをさせました。でも次男我慢してくれてましたよ。
大きくなって、詳しいことを知った長男はQUUを責めるでしょうか?
こんな体に何故生んだのかと恨むでしょうか?
ママと頑張っていこうよ!!謝り続けても健康な体には戻らない。
試練を一緒に乗り越えていこうよ!!一緒に頑張るから!!

長男の病気のことQUUのつぶやきです。コメント欄は載せないことにしました。
読んでいただけるだけで十分です。長男がこういう体のことで頑張っている知って欲しかったです。
長くなりましたが、QUUの記事読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:成長の記録 - ジャンル:育児

2007/10/24 22:29 | 病気 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。